システムエンジニアとしてIT企業で仕事をしていくと幅広いスキルをつけて行くことができます。顧客へのヒアリングから、問題の具現化や再構築、それに対する戦略の提案、システムへの落とし込み、実際の開発とテストといった一連の流れをついには経験することができるでしょう。
その開発するシステムもネットワークやデータベース等、多岐に渡るものを扱うことができているかもしれません。そういった数々の仕事を通してキャリアを積んだシステムエンジニアには、プロジェクトリーダーとなって全体を見る立場となる方向がある一方で、よりある業種に特化してエンジニアとしての仕事を続けていくという道も開かれています。

より特化した業種に転職することによって、自分の得意とする能力をさらに伸ばして活躍できる可能性を高められると共に、学ばなければならない最新技術の幅を狭めることで加齢によって学習が難しくなってくるというマイナス面をカバーすることができるようになります。そのため、エンジニアとしての生命を長らえることができるのです。

その際には必ず自分の経験と適性、興味を重ね合わせて最適な業種に入り込むことを考えなければなりません。どの1つが欠けていても現場で働けなくなってしまう可能性があるからです。開発か、保守かといった視点やネットワークか、インフラかといった視点で実際に行うメインの仕事を考え、自分に合ったができる職場に転職することが大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です