IT業界でシステムエンジニアとして活動を続けてくると、自分のキャリアパスについて考えなければならないタイミングがやってきます。そのままプロジェクトリーダーへの昇進の道が開かれている場合やスペシャリストとして引き続きその企業で働く場合を除くと、転職することを考える人も多いでしょう。転職先として再度IT企業でエンジニアとして仕事をする道もありますが、これまでのキャリアをもとにして異業種に転職するというのも1つの手段です。

システムエンジニアとして仕事をしてくると、エンジニアとしての専門性の他にも一般的に役立つ経験を積んでいます。顧客に対するヒアリングの行い方やシステムを構築した後のテストやその結果の伝え方といった顧客とのつきあい方を自然に必要にかられて学んでいます。また、仕様書等を書くことを通して事務能力も向上しているのです。そのため、異業種で事務職や営業職に就こうと思えば十分に力を発揮できる下地ができているのです。

一方、論理的な物事の考え方というのもシステムエンジニアにとって不可欠のものであり、論理的思考が必要とされる現場においては人材として有用性があります。ロジカルシンキングがビジネスの世界で唱えられているように、論理的思考ができるというのは強みであり、それを武器にしてどういった業種にでも入り込んでいくことは可能です。他の専門性が必要ならそのスキルを身につけてしまうだけで転職は容易なのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です